[Ballet Maniacs] Nijinsky Wrap Skirt Le Spectre de la Rose
5cb9ad02d211bf17ee10258c 5cb9ad02d211bf17ee10258c 5cb9ad02d211bf17ee10258c 5cb9ad02d211bf17ee10258c 5cb9ad02d211bf17ee10258c 5cb9ad02d211bf17ee10258c 5cb9ad02d211bf17ee10258c 5cb9ad02d211bf17ee10258c 5cb9ad02d211bf17ee10258c 5cb9ad02d211bf17ee10258c 5cb9ad02d211bf17ee10258c 5cb9ad02d211bf17ee10258c 5cb9ad02d211bf17ee10258c 5cb9ad02d211bf17ee10258c 5cb9ad02d211bf17ee10258c

[Ballet Maniacs] Nijinsky Wrap Skirt Le Spectre de la Rose

¥4,968 税込

送料についてはこちら

  • S

    SOLD OUT

  • M

    SOLD OUT

Nijinsky capsule collection with No Fixed Points 「Le Spectre de la Rose 薔薇の精」は1911年にニジンスキーがその薔薇の精を務め初演された作品。 初めての舞踏会から帰ってきた少女が見た夢。 それは彼女が胸に飾っていた薔薇が窓から現れ、彼女を誘って踊る夢だった。 やがて薔薇は再び窓から出てゆき、目覚めた彼女はそれが夢の中の出来事だったと悟る。 という短編作品ですが、ロマンティックでいて、少し儚い、そして男性が薔薇の精を演じるというのも画期的でした。 現在でも魅力的な男性ダンサーが演じる薔薇の精は観客をも酔わせる、まるで舞台から薔薇の香りが漂ってきそうな演目。 上品なローズカラーのグラデーションの美しさを堪能できるバレエスカートに仕上げました。 フロントでクロスしてリボンで結んで王道バレエスカート、 もしくはスカートごと結んで「パレオ巻き」にしても・・ 巻き方はお好みで、自由に。 ローズを散りばめ、薔薇の精に思いを馳せて・・ セットアップしてぜひ着ていただきたいお揃いのレオタードもございます。 S、Mともに丈の長さは同じで、横幅の違いでサイズ展開しております。 Front – 33 cm Back – 52 cm S : スカート横幅 – 100 cm / リボンのみの長さ – 56 cm x 2 M : スカート横幅 – 108 cm / リボンのみの長さ – 52 cm x 2 *お写真一番最後は、 レオタードXSサイズ([Ballet Maniacs] Dream Leotard by Evgenia Obraztsova! Lilac & Pink) http://bit.ly/2nNQXVF を合わせています。 スカートはSサイズを「パレオ巻き」にしています。 "Le Spectre de la Rose" は下記のリンクより動画でぜひご覧ください。 たくさんの美しい男性ダンサーたちが「薔薇の精」になっておりますが、やはりここはBMファミリーのIgor Kolbさんバージョンをぜひ! http://bit.ly/2TJj7mB ...................................................... ヴァスラフ・フォミッチ・ニジンスキー(Vaslav Fomich Nijinsky、1888-1950) 近代バレエに大きな影響を与えたロシアのバレリーノ。1888年3月12日、キエフに生まれる。 10歳でマリインスキー劇場付属舞踊学校に入学後、18歳で劇場の主役に抜擢される。 「舞台の端から端まで跳んだ」 「空中に静止して見えた」 「そのまま永久に跳び続けるかのよう」 等と言わしめた驚異的な跳躍力を持ち脚光を浴びるが、自ら振り付けを行った「牧神の午後」(1912)では敢えて跳躍や回転といった激しい動きを殆ど行わず、また性的な表現でセンセーションを巻き起こした。 繊細な心がゆえ1918年頃から精神病の兆候が現れ始め、以降は踊ることもなく各地の精神病院を転院、1950年に60歳でこの世を去った。 バレエダンサーとしての人生は、紆余曲折があったにせよ、彼の才能は誰からも疑われることのないものだった。