[Ballet Maniacs] Nijinsky Scarf Faune
5cb9af46a8945251fafdbd41 5cb9af46a8945251fafdbd41 5cb9af46a8945251fafdbd41 5cb9af46a8945251fafdbd41 5cb9af46a8945251fafdbd41 5cb9af46a8945251fafdbd41 5cb9af46a8945251fafdbd41 5cb9af46a8945251fafdbd41 5cb9af46a8945251fafdbd41 5cb9af46a8945251fafdbd41

[Ballet Maniacs] Nijinsky Scarf Faune

¥5,616 税込

送料についてはこちら

Nijinsky capsule collection with No Fixed Points センセーショナルな作品として注目を浴びるニジンスキーの作品 「L'Après-midi d'un faune 牧神の午後」で、印象的な使われ方をしている「スカーフ」 Ballet Maniacsのオリジナルイラストをプリントし、柔らかで美しいシルクシフォンのスカートとして蘇ります。 Double. Size – 2.3 m x 0.4 m Two-color printing – black and silver. "L'Après-midi d'un faune 牧神の午後" は下記のリンクより動画でぜひご覧ください。 http://bit.ly/2Hs6aHA ...................................................... ヴァスラフ・フォミッチ・ニジンスキー(Vaslav Fomich Nijinsky、1888-1950) 近代バレエに大きな影響を与えたロシアのバレリーノ。1888年3月12日、キエフに生まれる。 10歳でマリインスキー劇場付属舞踊学校に入学後、18歳で劇場の主役に抜擢される。 「舞台の端から端まで跳んだ」 「空中に静止して見えた」 「そのまま永久に跳び続けるかのよう」 等と言わしめた驚異的な跳躍力を持ち脚光を浴びるが、自ら振り付けを行った「牧神の午後」(1912)では敢えて跳躍や回転といった激しい動きを殆ど行わず、また性的な表現でセンセーションを巻き起こした。 繊細な心がゆえ1918年頃から精神病の兆候が現れ始め、以降は踊ることもなく各地の精神病院を転院、1950年に60歳でこの世を去った。 バレエダンサーとしての人生は、紆余曲折があったにせよ、彼の才能は誰からも疑われることのないものだった。